【必見】ネットワークビジネスの被害、目からウロコの解決法!

友達を1人も勧誘することなく、ビジネスで成功するマル秘テクニック!

「ネットワークビジネス」…あなたはどんなイメージを持っていますか?どうしても、マイナスのイメージしか出て来ないと思います。私もそうでした。

実際に私が20年以上前にネットワークビジネスに勧誘された時には、まだ実は、私はネットワークビジネスなんてまったく知りませんでしたが、それ以来、やはりどうしても、このビジネスにはマイナスのイメージしかありません。それは何故なのでしょうか!?

今回は、なぜネットワークビジネスがマイナスのイメージしかないのか、どんな被害が出ているのか、考えてみたいと思います。

ネットワークビジネスの具体的な被害例とは

実際に報告されている被害例を挙げてみましょう。

*高額の商品を、ローンを組んで購入させられた。

*商品を返品したいと申し出たが、受け入れてもらえなかった。

*一度 獲得したタイトルを落とさないために、製品の在庫を大量に持たされた。その結果、借金を抱えてしまった。

*セミナーに執拗に誘われ、精神的苦痛を受けた。

*さんざんしつこく勧誘してサインアップさせておきながら、実際にビジネスを始めたら、アップがフォローをしてくれず、失敗に終わり、大金を使っただけ…になった。

*友達を片っ端から勧誘せざるを得ず、結果、友達を無くしてしまった。

などなど…。

なぜネットワークビジネスに被害が出るのか?

ネットワークビジネスは当然ながら、製品を流通させないと収入は発生しません。なので、アップはグループを大きくするために、ダウンに製品の購入や、情報共有&モチベーション維持のためのセミナーへの参加を求めます。

それらはダウンにとっても有益なことなので、アップとダウンの目的意識が一致していれば問題はないのです。

でも、元々そんなに気は進まなかったのに、何度も何度もしつこく誘われたために半ば仕方なくネットワークビジネスに参加した人にとっては、苦痛を伴うことであるのも否定できません。

「アップがフォローしてくれなかった」というのは、酷い話ですね。誘ったのなら最後まで責任を持って、ダウンの面倒を見るべきです。ダウンは何をどうすればいいのかわからず、不安いっぱいなのですから。

ネットワークビジネスの被害を無くすにはどうすれば良いのか

考えてみれば、「被害」というのも曖昧ですよね。人によっても、それを被害と感じるか否かは違いますし。

でも、ネットワークビジネスに勧誘された側が、被害者意識を持つということは、やはり、最初に参加しようと思ったきっかけが受動的だったことも原因のひとつなのでは…と思えて仕方ありません。

たいていの人は、人から何かに勧誘されたりするのって嫌いですよね。身構えて、警戒してしまいます。素直に、すぐに「すごいね!やるよー!」なんて人は滅多に居ません。(笑)

でも、自分から「やってみたい!」と思ったとしたら…?受動的ではなくて、能動的にそのビジネスに参加したとしたら、嫌々取り組むことなんてしないでしょう。

子供の頃の勉強と同じですね。親から「勉強しなさい!」と言われたらまったくヤル気なくす…。でも、自分からやり出したら進む進む!!(笑)

では、どんなネットワークビジネスだったらヤル気が起きますか?

*誰も勧誘しなくていい

*セミナーに参加する必要がない

*在庫をたくさん買い込む必要がない

*アップがノウハウを具体的に、細かく、丁寧に、親切に教えて指導してくれる

でも、そんなネットワークビジネスありますか?

私はたまたま、息子のやっている「勧誘するネットワークビジネス」のことをインターネットで検索していて、それとは別の「勧誘しないネットワークビジネス」を見つけました。「目からウロコ!」でした。

勧誘されて被害者意識を持ってしまったあなた、そして、勧誘に疲れたあなた、勧誘しなくて良くて、誰も被害者意識を持たずに済むネットワークビジネスをご紹介したいです。

興味を持たれた方は、一度のぞいてみてくださいね♪

友達に嫌われることなく、勧誘なしでダウンを作れる方法を大公開!

フォローする