【注意】サンクスアイに勧誘してくる人の7つの特徴!

子供が小さくて、土日にセミナーに参加できないママさんへ

実は私、サンクスアイに何度か勧誘されたことがあるんです。

でもその頃は、サンクスアイという言葉すら聞いたことがなかったし、勧誘してくる人たちにどんな特徴があるのかなんて、知る由もなかったんですね。

知っていたらもっと早く気付いて逃げられたのに…なんて後で思ったものですが…。

ただ、ここでハッキリお伝えしておきます。

サンクスアイは特定商取引法で認められている、れっきとしたビジネスモデルです。

が…、強引な勧誘や、ネズミ講と誤解されたりすることにより、未だにイメージが悪いのも事実。

もしあなたが、サンクスアイはやりたくない、興味がない、と思っているなら、これだけ押さえておけば早く気付いて断ることができる、「サンクスアイに勧誘してくる人の特徴」をお伝えします。

サンクスアイビジネスの仕組み

そもそも、なぜ人はサンクスアイに勧誘されるのを嫌うのでしょう?

それは、勧誘してくる人(大抵は友人)が強引だったり、しつこかったりして嫌気がさす、又、「興味ないのにいい加減にしてくれ!」と腹が立つ…こんな理由からではないでしょうか。

では、なぜ友人はそんなにしつこく勧誘してくるのか…?

それは、サンクスアイの収入の仕組みに関係しています。

サンクスアイは、会員が他人(主に友人知人)を自分のグループに勧誘し、その新しい会員がまた次の新しい会員を勧誘することで、ピラミッド型に拡大していく組織を持ちます。

製品の購入額に応じてポイントが貯まっていきますが、自分が勧誘したメンバーの購入ポイントも、自分のポイントに上乗せされます。

月ごとのポイントに応じてタイトルや報酬が決まっているので、人を勧誘して自分のネットワークをどんどん広げないことには、自分に収入が入らないからなんですね。

サンクスアイに勧誘してくる人の特徴

突然ランチやお茶に誘ってくる

今までずっと音信不通だった友人から、ある日突然ランチやお茶のお誘いが来たりします。

最初から「え、おかしい…サンクスアイの勧誘か?」なんて思う人は少ないでしょう。

純粋に「久し振り!懐かしい!」と嬉しく思って、誘いにのるのではないでしょうか。

後々考えてみたら不自然ですが、最初に連絡が来た時は気付かなかった、という人が多いようです。

私も例に漏れず、このパターンでした!最初は気付かず、純粋に嬉しかったんですけどね…。

このように、かなり久し振りの友人が、突然ランチやお茶に誘ってきたら、それはサンクスアイに勧誘してくる人の特徴のひとつです。

パーティーやイベントに誘ってくる

「すごく稼いでいる人の講演会がパーティー形式であるの」「楽しそうなイベントがあるんだけど一緒に行かない?」などと、友人があなたを誘ってきたら要警戒!

これも、サンクスアイに勧誘してくる人の特徴のひとつです。

そのパーティーやイベントは、勧誘目的を兼ねています。

パーティーやイベントを純粋に楽しむのもいいかもしれません。

しかし、もしあなたがサンクスアイに参加したくないのであれば、そこでの明るく楽しい雰囲気にのまれて、うっかり「参加する」と返事をしてしまわないように気をつけましょう。

明るくてポジティブ

サンクスアイに勧誘してくる人は、「不自然なほど、やたらと明るくてポジティブ」という特徴もあります。

テンションが高くて、気遅れがしてついていけない…と感じることもあるかもしれません。

もちろん、すべての人がそうだとは限りませんが、やはり、勧誘する相手に「この人、楽しそう!」「この人と一緒にビジネスしたら本当に夢が叶うかもしれない」と思ってもらわないといけませんからね。

子供が小さくて土日のセミナーに参加できなくて困っていませんか

夢や将来の話をするのが好き

サンクスアイをやっている人たちは、将来の夢を持っています。

自分はこうなりたい、将来はこういう生活がしたい、と強くイメージして、日々過ごしているんですよね。

ランチ、またはパーティーなどに誘ってきた友人が、あなたに「将来の夢はなに?」「どんな生活がしたい?」などという質問をしてきたら、それも サンクスアイに勧誘してくる人の特徴のひとつなんです。

私も「夢はなに?」と聞かれましたよ。

「スイスに行きたい」「え?スイスなんていつでも行けるじゃん。」
(いやいやいや、行けないし…)と心の中で反論していました。(笑)

あなたがサンクスアイに参加したくないのであれば、「私は今のままで十分満足してるの。これ以上、何も望むものはないわ」と即答しましょう。

将来の不安を並べてあおってくる

年金なんて、いくら貰えるか知ってるの?いや、貰えないかもしれないよ。あてにしてちゃダメだよ」

「突然、ケガとか病気であなたか旦那様が働けなくなったらどうする?収入が激減しちゃうよ!」

将来に不安のない人なんてあまりいないでしょうから、そんな風にあおられると、グラッときてしまいますよね。

他に、仕事や生活への不満がないか、なども聞いてくることが多いです。その不満を解消できる方法があるよ、と話をもっていかれます。

本を勧めてくる

サンクスアイを頑張っている人たちがよく読んでいる本に、ロバート・キヨサキ「金持ち父さん貧乏父さん」があります。
あるいは、ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」という本など。

友人と2人で会った時に「この本、読んだことある?」と出されたら、これもサンクスアイに勧誘してくる人の特徴ですので要注意。

これらの本を読むと、「このままで終わりたくない!」「サンクスアイで人生を変えたい!」「サンクスアイで成功できる気がしてきた!」とテンションが上がってくるかもしれません。

友人はそれが狙いです。
サンクスアイをやりたくないあなたは、その本を借りないようにした方がいいかもしれませんね。

あなたに会わせたい人が居る、と言ってくる

月収100万円稼いでるすごい人がいるから、その人の話、聞いてみない?」と、成功しているアップをあなたに会わせようとしてきます。

これも、必ずと言っていいほどある、サンクスアイに勧誘してくる人の特徴ですね。

友人はまだ知識が浅くてあなたに上手く説明ができないので、知識豊富なアップに、説得力のある説明をしてもらうのです。

あなたは、友人と2人きりなら「興味ないからもうその話はいいよ」と断れるかもしれませんが、アップが入ることで、途中で断り辛い状況になってしまうことでしょう・・・。

あなたがサンクスアイをやりたくないのであれば、アップの人と会う前に、友人に断ることをお勧めしますよ!

まとめ

サンクスアイに勧誘してくる人の特徴を7つほど書きましたが、もちろんすべてがこの通りではありません。

私は本は勧められた記憶がありませんが、でも他の6つの特徴はすべて当てはまっていますね。

サンクスアイでの成功が仮に「月収100万円稼いでいる人」とするならば、それはほんの数%に過ぎないという現実があります。

でも、可能性はゼロではありませんよね。
何事もやってみなくちゃわかりません。
あなたはサンクスアイ、頑張ってみますか?

もし、やりたくないと思われるなら、是非この「サンクスアイに勧誘してくる人の特徴」を頭にインプットして、早い段階で断ることをお勧めします。

友達に声を掛けられなくて困っていませんか?

ネットワークビジネスは、友達を誘わなければ始まりません。

元々友達が少ないのに、ビジネスに誘って嫌われてしまったら…?

そう思って、前に進めなくなっている人も多いのではないでしょうか。

でも、もし友達を誘う必要がなく、嫌われるどころか「その話もっと聞かせて」と言われる方法があるとしたら、あなたは興味ありますか?

声かけしないで子供と一緒に完全在宅で人脈が増え続けるオンラインダウン集客法(タップ!)

フォローする